『【ドラゴンクエスト ユアストーリー】を劇場に観に行って来た!』

=あらすじ=
少年リュカは父パパスと旅を続けていた。 その目的は、ゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母を取り戻すこと。 旅の道中、遂にゲマと遭遇し、魔物たちと激しい戦いを繰り広げるパパス。 しかし一瞬のスキをつかれ、リュカが人質にとられてしまい、手出しができなくなったパパスは、リュカの目の前で無念の死を遂げる――

それから10年。故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」というパパスの日記を発見する。 父の遺志を受け継ぎ、リュカは再び冒険の旅にでることに。 立ちはだかるいくつもの試練、そしてビアンカとフローラ、2人の女性をめぐる究極の選択。 果たして冒険の先に待ち受けるものとは!?(公式ページより)

正直、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』は未プレイなのでなんの思い入れもなかったわけですが、制作者の悪意のない最悪の決めつけが痛々しい作品であった。
RPGなんて長い冒険の物語なので2時間くらいの映画にまとめるのは至難の業。
だからある程度のダイジェスト的な流れは覚悟してましたよ、はい。
未プレイの私にはそれこそ何のことやらって展開もありましたさ、はい。
そこは仕方ないとしよう。

しかし!

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』のファン達にはあまりに残酷過ぎるエンディングに本気で怒りを感じた。
映画を観て、こんな最悪の気分で怒りを覚えたのは初めての事である。
今までの映像に対する感動や、何とか芽生えたキャラ達に対する親近感や、声優さん達の素晴らしい演技への感情がいっぺんに吹き飛ぶ出来事だった。

もう何もかも台無し!

しかも使い古された技法。
監督として脚本として最悪以外の何物でもない。

『よくこんなもの堀井雄二さんが許したな』

許してちょんまげ…

エンドロール観ながら頭をよぎったのは言うまでもない。
制作者による時代遅れの語る価値もないテーマをぶつけてきたのはいったいどういうことなのか?
更に深読みをしてみるが全く解らない。

この映画に対してファンの知識に甘えた手抜きを感じたのは私だけではないはずだ。
ドラクエVを未プレイの私にはちんぷんかんぷんになること必至だったので、ドラクエⅤ好きの仲間を連れて観に行って正解だった(笑)

仲間の知識を借りながら、なんとか物語にのめり込み、ラスボス倒してエンディングだぁぁぁ! と、アツくなってきた矢先の出来事である。

これは…?

頭が真っ白になった瞬間である。
正に思考が停止した。

そこには制作陣のドラクエVに対する愛情は微塵も感じられず、理解も感じられず、無意識のうちに我々視聴者を見下していることが透けて見えたようだ。

ただただ不快である。
そして不愉快である。

上から目線で押しつけがましく独りよがり―。

賞味期限の切れた私の大好物を悪びれもなく笑顔でプレゼントされた気分である。

そこに悪意が無いから始末が悪い(笑)

悪意が無い瞳…

とまぁここまで上から目線で(笑)酷くののしってきましたが、映像は綺麗で、日本の技術もここまで来たんだって感動したし、オープニングのドット絵からの3DCGは見事だった。

細かいところは仲間に保管してもらったので別として、大まかなストーリーには乗れたし楽しく観させてもらったことを付け加えておきたい。

これも楽しい思い出…

そして何と言ってもドラクエV未プレイの私がドラクエVをやってみたいと思ってしまったのだから、この映画は成功なのかも知れない( `ー´)ノ

か、かわいい…

早速注文しよう(=゚ω゚)ノ