『6月に京都へ初夏の風物詩、ホタルを見に行って来たよ』

さて、そんなことはつゆ知らず、電車を乗り継ぎ、途中でハンバーガーを食べながら小雨の降る中、叡山電鉄 八瀬比叡山口駅に下車。
降りてすぐに川があり、そこがホタルの生息地と思われた。

沢山のホタルが飛び交う姿を想像しながら橋を渡り、川沿いをテクテク歩いてみたけど、視界に広がるのは暗闇ばかり。

なぜ?

どうやらまだ時期が早かったようで、結局美味しい空気と暗い山と小雨に降られただけでその日はしぶしぶ帰路につきました。

日を改めて、今度は晴れた日にホタル見学に向かい、また、同じところで晩御飯にハンバーガーを食べていざ、八瀬比叡山口駅へ!
今度はまばらに見学している人たちが居て、川を見下ろすとチラホラホタルの光が輝いてました。

『でも、想像してたより少ない…』

もっとこう、本が読めるくらい、漫画とかでよくある宝箱開けた時みたいにパぁ~っと明るくなるのかと思ってましたが、実際はチラホラと点滅しているだけでした。
でもまぁ、遠目でしたけど綺麗でしたね。
川沿いから少し中に行くと、池があって、そこでは間近に見れたし手に止まったホタルを見たりできたのでかなりテンションが上がりました。

ホタル見学の人も増えてきたし、じっくり観察できたので、少し休憩して帰ろうと思い、近くのコンビニに立ち寄ってビールとアイスを購入。
コンビニ横にあったベンチに座って休む事に。
ベンチの脇には何だかわからない看板が(笑)

burst

なんだかカッコイイ!

そろそろ疲れてきたので、もう一度さらっとホタル見学して駅に向かいました。
産まれて初めてのホタル見学。
もう時期は過ぎてしまいましたが、また来年、今度は色々な所に出向こうかと思います。

やっぱり写真は撮れなかったですね(=゚ω゚)ノ

そりゃスマホじゃ無理か(笑)