『Xmasがやって来る』

Xmasがやって来ますね。
子供の頃は楽しみでしたが、
大人になると何とも億劫で(笑)

日本ではカップルがイチャコラする日になってしまいましたが、
キリスト教にとってはどんな日なのか?

気になったんで調べてみました( ´∀` )

=クリスマスの起源=

実ははっきりとした由来の記述はありません。
12月25日がキリスト(Christ)のミサ(Mass)の日になったのは、
紀元4・5世紀頃だそう。
Christ(キリスト)って【救世主】という称号だそうです。
知らんかったΣ(・□・;)
つまりイエス・キリストって【救世主イエス】ってことなんですね!

そして肝心の12月25日はイエスの誕生日ではないのです。
この時代、誕生日を記録する習慣がなく、
キリストの誕生日は10月の1日もしくは2日が有力とされている説や、
9月15日説を唱える天文学者もいて、定かではないそうですよ。

=ではなぜ12月25日なのか=

それは紀元1世紀~4世紀頃のローマ帝国で、
ミトラ教という【太陽崇拝】が信じられていたそうです。
このミトラ教では冬至の次の日を
【太陽が復活する日】
として祝っていたそうです。
そう、つまり12月25日が、太陽神の誕生の日とされました。

やがてキリスト教の迫害を受けて5世紀頃にミトラ教は消滅します。
ただ、12月25日のお祝いだけは、
【イエスの降誕を祝う日】
として残り、クリスマスになったと考えられています。

=クリスマス・イブの真実=

クリスマス・イブってクリスマスの前の日、
12月24日ってイメージですよね?