【映画『ジョーカー』を観に行って来たので少しレビューしようかと…】

2019年制作のアメリカ合衆国のスリラー映画。
DCコミックス『バットマン』に登場する最強の悪役(スーパーヴィラン)ジョーカーが誕生する経緯を描く。
と、Wikipediaには記載されてますが、スリラーというより社会派の映画ではないかと思うのですよ( `ー´)ノ

『私にも兄弟がいるので【マイブラザー】という映画を観てみた(-。-)y-゜゜゜』

原題:BROTHERS
2009/アメリカ 上映時間143分
監督:ジム・シェリダン
脚本:デヴィッド・ベニオフ
出演:トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホール、ナタリー・ポートマン、サム・シェパード、メア・ウィニンガム、ベイリー・マディソン、テイラー・ギア、キャリー・マリガン

『【セレブ・ウォーズ ニューヨークの恋に勝つルール】という実話を基にした恋愛コメディ映画を観た』

2008年のイギリス映画で、ファッション誌『GQ』 『Vogue』などを発行する出版社のジャーナリスト・トビー・ヤングの実体験を基にしたノンフィクション小説が原作。
日本ではビデオスルーとして、2010年11月26日にDVD(レンタルのみ)がリリース。

『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 という訴訟まみれの映画を語ってみる』

2006年/アメリカ/84分/配給:20世紀フォックス映画。
『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』
正直カザフスタンがどんな国かもわからないが、これをなんとユダヤ系イギリス人が主演するモキュメンタリ―映画だというから驚きだ。
今回はこのくだらない映画について語ってみる。
暇な人だけ読んでください(笑)