『【セレブ・ウォーズ ニューヨークの恋に勝つルール】という実話を基にした恋愛コメディ映画を観た』

2008年のイギリス映画で、ファッション誌『GQ』 『Vogue』などを発行する出版社のジャーナリスト・トビー・ヤングの実体験を基にしたノンフィクション小説が原作。
日本ではビデオスルーとして、2010年11月26日にDVD(レンタルのみ)がリリース。

『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 という訴訟まみれの映画を語ってみる』

2006年/アメリカ/84分/配給:20世紀フォックス映画。
『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』
正直カザフスタンがどんな国かもわからないが、これをなんとユダヤ系イギリス人が主演するモキュメンタリ―映画だというから驚きだ。
今回はこのくだらない映画について語ってみる。
暇な人だけ読んでください(笑)

『今敏監督の遺作と言えるアニメ映画【パプリカ】を観て、夢と現実について考えてみる』

今敏監督、2010年8月24日、46歳没。
若すぎる…
『千年女優』や『PERFECT BLUE』『東京ゴッドファーザーズ』『妄想代理人』等を世に送り出した名監督であったのに…
そんな彼の遺作とも言える『パプリカ』について語ってみようかと思います。

『前から気になっていた【ゾンゲリア】という映画をTSUTAYAで借りてきた!』

前から気になっていた【ゾンゲリア】
ルチオ・フルチの【サンゲリア】のパチモンZ級映画かと思ってなかなか手が伸びなかった映画。

しかしスタッフを見ると、奇才、ダン・オバノンとロナルド・シャセットのコンビが脚本じゃないですかやだー(´▽`)
ダン・オバノンと言えば後に【バタリアン】を監督した人、ロナルド・シャセットと言えばダン・オバノンと共に【エイリアン】の原案、【トータル・リコール】の制作、脚本した名コンビ( `ー´)ノ

これは期待できると意気込んで借りてきましたよ。

『当グループのお得なポイントカードについて色々と語ってみようと思う』

雄琴さくらんには1.000円の入会金でポイントカードを配布しています。
お支払金額の4%がポイントとして還元される仕組みです。
一度ご入会なさいますと、年会費等は必要ございませんのでご安心くださいませ。
ポイントカードを無くされた場合の再入会は1.000円掛かりますのでご注意下さい。